薄毛 隠し

薄毛が気になり始めたら、できるだけ隠したい気持ちになるのは人間誰しもそうだと思います。ですが薄毛になってしまっていざ隠そうと思ってもどのようにすればよいかわからないと思います。薄毛を隠すにはいろいろな方法がありますが、まず一番手軽に目立たなくする方法として髪型を見直す方法がご紹介していきたいと思います。

まず、薄毛になったときに間違えやすいのが頭髪を伸ばすことで薄毛を隠せるのではと考えることです。伸ばすことで薄毛をカバーしようとすると全体的に不自然な髪型になってしまい、逆に頭髪が多いところと少ないところがはっきりと目立つようになってしまうのでお勧めできません。
また、薄毛といってもどの部位が薄いかによって適応する髪型が違いますので自分の薄毛タイプを知り、それに見合った髪型をすることが必要になります。

以下にそれぞれの薄毛タイプに適応する髪型を紹介します。

1.円を描くように少しずつ頭のてっぺんから薄くなってくる「O型」タイプ

短めに頭髪全体をカットするヘアースタイル「ベリーショート」が良いと思います。短くすることで逆に頭髪の多いところと少ないところの境目が目立たなくなり気にならなくなります。

2.前髪が額の生え際から「M」の字状に薄くなってくる「M型」タイプ

横の髪を短く刈上げ、頭のてっぺん付近にボリュームを出す「ツーブロック」が良いと思います。ボリュームが出た部分の頭髪をスタイリングすることで生え際が目立つことを避けることができます。

3.上記1.2共に該当する場合

頭髪を短めにカットして髪全体を前から後ろにかけて流してまとめる「オールバック」が良いと思います。額の生え際も思い切って出すことで薄毛よりも清潔感が前面に出てきます。

この他、すべてのタイプに対応できる「ソフトモヒカン」もおすすめです。

薄毛が気になり始めたら、まず手始めにヘアスタイルを見直すことで悩みが解決できるかもしれません。