薄毛 サプリ ノコギリヤシ

薄毛用のサプリに使用されているのをよく見かけるノコギリヤシですが一体どんなものか紹介していきたいと思います。

ノコギリヤシはアメリカ原産で自然に生えているヤシ科の植物です。
現地の名称はノコギリパルメットで容貌はノコギリのようにとがった葉をもつことからこの名前がつきました。
サプリに使われているのはこのノコギリヤシの実に当たる部分でこの実から摂れるエキスが薄毛や抜け毛に良いとされています。

ノコギリヤシははじめから薄毛に良いとされていたわけではなく、もともとは原産の現地の人々が滋養強壮に良いと薬草と摂取していることから
前立腺肥大の効果があるとして研究されていました。研究の過程で毛髪が太くなったり濃くなったりといった作用が報告されたことがきっかけになり薄毛改善にも役立つのではないかと注目されるようになりました。

男性ホルモンの分泌が多くなる原因として前立腺肥大による男性器機能の低下が挙げられますが、こちらが薄毛と大いに関係あるようです。

男性器機能の低下は多くの男性ホルモンを分泌する原因となり、これが5αリダクターゼという酵素と結合することで薄毛の原因の一つと言われるジヒドロテストステロン(DHT)が作られてしまいます。
ということで前立腺肥大を治療することで薄毛の改善につながるというわけです。

このことは薄毛の治療薬として使用されているプロペシアと同じと言ってよいと思います。

じゃあプロペシアと何が違うのかと言いますと、ノコギリヤシはサプリメントとして販売されているということです。

医薬品と違い、食品として販売が承認されているということは、重篤な副作用の心配がないことを意味します。
とは言え、過剰な摂取は悪影響を及ぼしますので適切な摂取量を守りましょう。