薄毛 原因 乾燥

薄毛になる原因はいろいろとありますが、そのうちの一つとして頭皮のトラブルに
よるものが挙げられます。

一般的によく知られているのが、頭皮に分泌される皮脂が髪の毛の毛穴をふさぐことで
抜け毛が増えて薄毛になるというものですが実は、薄毛になる可能性がある頭皮トラブルは
これだけではないのです。

頭皮の皮脂が多い状態と同じく薄毛の原因となり得るトラブル、
それは頭皮の乾燥です。

頭皮は一番表面の部分にある角質層で外部から刺激や雑菌等の侵入を防いでいます。

これを角質層のバリア機能と言いますが、この機能は他に髪の毛が発育するのに
必要となる適度な油分、水分を保つ役割を果たしています。

頭皮が乾燥すると、この角質層が壊れてしまうため必要となる油分や水分が
保持できなくなり蒸発してしまうため、髪の毛の発育が阻害されてしまうと
いうわけです。

更に油分や水分が蒸発する際に、頭皮の温度低下が発生するため血管が収縮して
しまい血行を悪くして髪の毛に必要な栄養素の搬送を妨げてしまうことになります。

このようなトラブルを防いでくれる角質層を健康な状態にしておくためには、
ある程度、皮脂で潤っていることが必要となります。

以下に、頭皮を乾燥させないための対策を紹介します。

・シャンプーは1日一回で十分

皮脂の毛穴への詰まりを意識して1日一回以上シャンプーをされている方は
すぐにでも回数を減らしましょう。

シャンプーの洗浄成分は頭皮の皮脂をよく落としてしまいます。
これにより角質層が荒れると薄毛、抜け毛に繋がってしまいます。

・洗浄性能の高いシャンプーの使用は控える

シャンプーに使用されている洗浄成分に合成界面活性剤が使用されているシャンプーは
洗浄成分が強力なため、必要以上に頭皮の皮脂を落としてしまう原因になりこの結果、
頭皮は乾燥状態となってしまいます。

植物由来のシャンプーやアミノ酸シャンプーを使用することで頭皮の皮脂を極端に
落としてしまうことは防ぐことができます。

・ドライヤーで髪を乾かすときは、頭皮からなるべく距離を空けて行う

高温のドライヤー風を頭皮に当てると、水分、油分の蒸発は避けられません。

その結果頭皮が乾燥してしまうことになってしまいますのでドライヤーは頭皮から
ある程度離して使用しましょう。

頭皮の乾燥を防ぐことは、薄毛、抜け毛を予防、改善にすることに繋がりますので
気になる方は早速実行してみましょう。