薄毛 食べ物 消化

薄毛を予防するためには必要とされる栄養分をしっかりと摂取して髪の毛に
栄養分が行き渡ることが大事なことの一つです。

そのためには日常の食事をバランスよく、必要な栄養分を意識して摂ることが
重要になってきますが、ただ食事を摂ればよいというものではなく食事のとり方や
食事の時間なども関わってきますので、このあたりについて紹介したいと思います。

薄毛と食べ物の関係には食べ物の消化が深くかかわってきます。

まず一つ目、食事はしっかりとよく噛んで食べること。

子供のころ、よく両親や祖父母に言われた人も多いのではないかと思いますが、
しっかり噛んで食事をすることで食べ物の消化効率が格段に向上します。

よく消化ができるようになる、すなわち栄養分の体への吸収が良くなりますので
必要となる栄養分をしっかりと髪の毛に送ることができるようになります。

更に、消化が良くなると消化のために必要となる血液の量が少なくて済み、
その分頭皮の血流も悪くなりにくくなりますので栄養分を髪の毛に送る効率が
低下することを緩和できます。

次に二つ目、就寝前の食事は控えること。

髪の毛は寝ているときに、再生や成長を行っていますのでこの時に栄養分が
必要となります。

就寝前に食事を摂ってすぐに眠ってしまうと、寝ている間に消化が必要となりますので、
消化器へ血液が集中してしまい頭皮への血流が悪くなります。

すなわち、せっかく髪の毛の成長が行われているときに肝心の栄養分が送られてこない
状態になり、髪の毛が成長できずに逆に抜けてしまったりしてしまいます。

このように薄毛と食べ物の消化には密接な関係がありますので、思い当たる点が
ある場合はすみやかに改善して薄毛、抜け毛予防に繋げましょう。