薄毛 薬 効果

薄毛の治療として専門クリニックで行われる薬を使った治療は2つに分けられます。

これらの2つについて効果、治療方法等を紹介したいと思います。

・薄毛治療で広く行われる投薬治療

育毛剤の頭皮への使用や頭皮マッサージなど、外部からの治療とは対照的に
薄毛治療の専門クリニックでは体の内部から薄毛の原因を治療する投薬治療が
行われています。

主に処方される薬は抜け毛を予防する薬と毛髪の生成を促す薬の2種類が使われており、
これらを併せて使用することにより薬の相乗効果で薄毛を治療していきます。

抜け毛を予防するために使われる薬は代表的なものとしてプロペシア、ザガーロが
挙げられます。

一般的には一日一回の服用で半年~1年間の治療期間とされています。

次に、毛髪の生成を促す薬は代表的なものとしてミノキシジルタブレットが挙げられます。

こちらは一般的に一日一回の服用で3~6か月の治療期間とされています。

投薬治療は効果が実感できるまで、かなりの期間継続する必要があります。


・頭皮に毛髪のための有効成分を直接注入する注入治療

先に紹介しました投薬治療で効果が出なかった場合の次の選択肢として開発され、
行われるようになった治療方法で頭皮に直接発毛及び育毛成分を注入する治療法です。

投薬治療で効果が出なかった他にも効果を確実に実感したい人にも行われる例も
あります。

注入治療は効果は高い分、月1~4回の処方を6か月ほど続ける治療で約50~100万円と
高額な費用が掛かります。

また頭皮への注入方法は各医療機関ごとで方法が異なりますので医師の説明をよく聞く
必要があります。

いずれの治療方法も治療期間はそれなりに必要になりますので、薄毛を改善するには
どんな治療方法にしても継続することが重要になってきます。