薄毛 治療 医療費控除

薄毛が気になり始めて何とかしなければと思い始めた時、薄毛治療の専門クリニックで
治療を始めるのも選択肢の一つです。

しかし医療機関での薄毛治療にかかる費用は医療保険の対象にならないため、
治療を行うたびに実費請求となってしまいます。

薄毛は一回の治療で改善するものではなく、効果が表れるまで半年から1年ほどの期間、
治療を継続していく必要があるため、必要になる費用はかなり高額になってきます。

ひと月に必要になる治療費は約2~3万円とも言われていますので薄毛治療が家計に
負担をかけるようになってしまうことは間違いありません。

この費用の問題により、治療を継続することが困難になって途中で治療を断念する方も
多いようです。

薄毛の治療は継続的に行う必要があるため、費用はなるべく抑えたいところです。
では、どうすれば良いか。

ここで治療費を抑えることができる可能性がある制度として、医療費控除を紹介します。

薄毛の治療については医療保険は対象外ですが医療費控除は条件が合えば対象となる
可能性があります。

医療費控除の場合、医療保険とは全く関係がなくその行為が治療目的のものであれば
対象となる制度となっています。

薄毛の治療についても例外ではなく、治療目的であれば適用されます。

治療目的であるか否かの判断は医療機関で医師の診察を受けているかどうかが基準と
なるようです。

例えば、医師に処方された育毛剤の購入費用は医療費控除の対象と認められる可能性が
高いようです。

とはいえ、最終的に医療費控除の適用となるか否かの判断を行うのは税務署となります。

医師の診断書、診察費の領収書、処方箋等の書類を提出して医療費控除の対象となり得ると
納得してもらえるように説明をして適用してもらいましょう。

薄毛治療は継続が肝心です。

治療費を抑えて何とか治療を継続できるようにしたいところです。