薄毛 薬 海外

薄毛の改善に効果があることで今や薄毛治療の定番になっている成分、ミノキシジル。

このミノキシジルを使用した発毛剤は現在日本で市販されているものはリアップを
はじめとする数種類の外用薬のみです。

発毛効果が期待され、販売数も多く評価が高い発毛剤ですが副作用があり、かゆみが
出たり枕のカバーが変色するといった報告がされているようです。

このため、ミノキシジルの効果は実感しているが前述の副作用を回避したいという方が、
海外で販売されているミノキシジルを主成分にした内服薬であるミノキシジルタブレット
等を個人輸入して使用するケースがかなり多いようです。

このミノキシジルタブレットは日本での認可はされておらず、外用薬とは違った
副作用が発生するリスクが高いうえに、すべて自己責任となります。

副作用の例を挙げると、発毛効果が高すぎて頭部だけでなく全身の毛が濃くなって
しまったという例や、重要な内臓器官(心臓、肝臓、腎臓)に大きな負担がかかり
別の病気を発症してしまう例などがあります。

海外で販売されている薄毛の治療薬は効果が高い分、副作用も発症するリスクも
高いことを知ったうえで、使用する場合は細心の注意を払うことが重要です。