薄毛 原因 コーヒー

最近、コーヒーをたくさん飲むことが薄毛の原因となるといった情報を目にすること
があります。

薄毛や抜け毛が気になり始めた人でコーヒー好きな人には聞き捨てならない情報ですが、
実際のところはどうなのでしょうか。ちょっと調べてみました。

コーヒーは以前、テレビの健康番組等でがんを抑制する効果が紹介されたりして
健康に良い飲み物というイメージが定着しつつあります。

コーヒーが好きな人は、この情報を聞いたことにより更にコーヒーを飲むように
なったのではないでしょうか。

ところが近頃はコーヒーが薄毛の原因になってしまうといった情報や、
全く逆の薄毛予防になるといった情報が入り混じって紹介されている
ことがあります。

どうやらコーヒーには薄毛を予防する効果、薄毛になる原因の両方が認められて
いるようです。

まず、コーヒーが髪の毛に作用する良い点はコーヒーに含まれているポリフェノール、
クロロゲン酸により体内の血行が改善されることです。

血行が良くなることは髪の毛に必要となる栄養分をしっかり送り届けられることに
繋がりますので、髪の毛が健康になります。

次の良い点はコーヒーの代名詞とも言えるカフェインには男性ホルモンを抑制する
働きがあることです。

薄毛の代表的な形態にAGAがありますがAGAは男性ホルモンであるテストステロンが
特定の酵素(5αリアクターゼ)と結びつくことが原因と言われています。

カフェインにより男性ホルモンが抑制されれば、AGAの原因を少なくすることが
でき、AGAの予防、改善につなげることができます。

次にコーヒーが髪の毛に作用する悪い点を紹介します。

まず一つ目、良い点で挙げられていたカフェインが髪の毛の発毛を促すアデノシンを
抑制してしまう点です。

つまりカフェインはAGAについては予防したり進行を止めたりしてくれる効果が
あるが、反面髪の毛の発毛を阻害してしまう原因にもなってしまいます。

次に二つ目、コーヒーに含まれるタンニンが亜鉛の吸収を邪魔してしまう点です。

亜鉛はたんぱく質の髪の毛の主成分であるアミノ酸の合成を行うのに欠かせない
栄養素で亜鉛が不足すると髪の毛が正常に作られなくなってしまいます。

以上のように、コーヒーには髪の毛に良い要素と悪い要素があり、どちらかはっきり
させるということはできません。

だだ、良い点にしろ悪い点にしろ劇的な効果があるというものではありませんので、
あくまで参考程度に考えていたほうが良いと思います。