薄毛 薬 おすすめ

薄毛を治療する薬は数種類ありますが、どれを使えばよいのか、なかなか判断が
難しいのではないかと思います。

薄毛の形態によってもおすすめできる薬が違うので、各薄毛治療薬の効果、
効能を紹介していきたいと思います。

薄毛を治療していくうえで大切なことは発毛と育毛です。

両者は似ているようですが実は異なっており、どちらを重視して治療をするか
により使用する薬が違ってきます。

発毛の定義は簡単に言いますと抜けた髪の毛の毛根に働きかけて、再度髪の毛を
増やすことを言います。

発毛に対して育毛の定義は生えている状態の髪の毛を抜けにくくする事で髪の毛を
保つことを言います。

まず、発毛について効果のあるおすすめの発毛薬を紹介します。

・ミノキシジル

発毛と言えばミノキシジルが効果が高いことはかなり世間一般的に広まっています。

日本でもそうですが、アメリカの機関でも発毛効果による薄毛治療の薬として
認められているようです。

ミノキシジルは血管を拡張する効果があるので体内の血行が良くなります。

当然頭皮の血行も良くなりますので、毛根にしっかりと栄養分を送れるようになり
その結果、発毛につながるというわけです。

ミノキシジルを配合した発毛剤は日本ではリアップが有名ですが、あくまで
国内での話であり世界的にはロゲインが有名です。



ロゲイン(Rogaine)5%


ロゲインはリアップとミノキシジルの含有量も同等でリアップと同じ効果が
期待できます。

にもかかわらず、価格はリアップの半額ほどですので最近では国内でもロゲインを
使用し始める人が多くなっているようです。

できる限り安く、しかし効果はしっかり実感したい場合はロゲインがおすすめです。

次に育毛について効果のあるおすすめの育毛剤を紹介します。

・フィナステリド

薄毛は男性ホルモンのテストステロンが人間の体内に発生する5αリアクターゼ
という酵素と結合してジヒドロテストステロンという物質になり、これが髪の毛
の成長サイクルを邪魔することが原因となる「AGA」と言われる形態がほとんど
であると言われています。

フィナステリドはジヒドロテストステロンができる原因の5αリアクターゼを抑制
することでジヒドロテストステロンを増やさないようにする効果があります。

つまり、髪の毛の成長を害する成分を抑制することで髪の毛を健やかに育毛する
効果があるのです。



[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mg


フィナステリドを使用した育毛剤は有名なところではプロペシア、プロペシアと
効果は同じで価格が非常に安価なフィンペシア、頭全体の抜け毛予防に効果が
あるとされるザガーロがあります。

価格を重視するならフィンペシア、頭の広範囲で効果を発揮するザガーロがおすすめです。

以上、薄毛を治療するためのおすすめの薬を紹介しましたが、しっかりとした効果を
実感したい場合はミノキシジルとフィナステリドの併用がおすすめです。

発毛と育毛の両面から薄毛を改善するので相乗効果が期待できます。