薄毛 薬 効果

薄毛の治療として専門クリニックで行われる薬を使った治療は2つに分けられます。

これらの2つについて効果、治療方法等を紹介したいと思います。

・薄毛治療で広く行われる投薬治療

育毛剤の頭皮への使用や頭皮マッサージなど、外部からの治療とは対照的に
薄毛治療の専門クリニックでは体の内部から薄毛の原因を治療する投薬治療が
行われています。

主に処方される薬は抜け毛を予防する薬と毛髪の生成を促す薬の2種類が使われており、
これらを併せて使用することにより薬の相乗効果で薄毛を治療していきます。

抜け毛を予防するために使われる薬は代表的なものとしてプロペシア、ザガーロが
挙げられます。

一般的には一日一回の服用で半年~1年間の治療期間とされています。

次に、毛髪の生成を促す薬は代表的なものとしてミノキシジルタブレットが挙げられます。

こちらは一般的に一日一回の服用で3~6か月の治療期間とされています。

投薬治療は効果が実感できるまで、かなりの期間継続する必要があります。


・頭皮に毛髪のための有効成分を直接注入する注入治療

先に紹介しました投薬治療で効果が出なかった場合の次の選択肢として開発され、
行われるようになった治療方法で頭皮に直接発毛及び育毛成分を注入する治療法です。

投薬治療で効果が出なかった他にも効果を確実に実感したい人にも行われる例も
あります。

注入治療は効果は高い分、月1~4回の処方を6か月ほど続ける治療で約50~100万円と
高額な費用が掛かります。

また頭皮への注入方法は各医療機関ごとで方法が異なりますので医師の説明をよく聞く
必要があります。

いずれの治療方法も治療期間はそれなりに必要になりますので、薄毛を改善するには
どんな治療方法にしても継続することが重要になってきます。

薄毛 対策 シャンプー

薄毛の対策には様々な方法がありますが、その中でも手を付けやすく有効なものの中に
毎日のシャンプーを見直すことが挙げられます。

あまり気にしない方もおられるかもしれませんが、シャンプーが髪の毛に悪い影響を
与えていることが結構あるようです。

人それぞれ頭皮の環境が違うので、各自にあったシャンプーで洗髪することが大変
重要になってきます。

ここではシャンプーの選び方について紹介したいと思います。

まず、シャンプーの選び方について市販のシャンプーを使用されている場合は
スカルプ(頭皮)シャンプーに変えることをおすすめします。

スカルプシャンプーは頭皮のことを考えて作られたシャンプーなので洗浄成分が
頭皮や髪の毛に悪影響を与えない成分で出来ているため、変えることで薄毛や
抜け毛を改善する頭皮環境を作り出し間接的に薄毛対策につなげていくシャンプー
となっています。

スカルプシャンプーにもたくさんの種類がありますので自身の頭皮環境を把握する
ことが大事です。

まず、皮脂の分泌量が多く、一日で髪の毛が湿っている状態になる場合は
スカルプシャンプーの中でも洗浄性能の高い石油系界面活性剤が入っている
シャンプーを使用する必要があります。

こちらを利用してたくさんの皮脂をしっかりと落とし、毛穴を詰まらせないように
することが大事になってきます。



[医薬部外品] アンファー (ANGFA) スカルプD シャンプー ストロングオイリー 超脂性肌用


逆に頭皮が乾燥気味の場合は洗浄性能が高すぎるシャンプーを使用すると、
髪の毛の保持や生成に必要な皮脂まで落としてしまうため、余計に髪の毛に
悪い影響を与えてしまいます。

頭皮の乾燥がある方は、天然由来(アミノ酸系)の界面活性剤を使用したシャンプーを
使用することをおすすめします。

どちらのシャンプーを選べばよいかわからない場合は、汚れは落としつつ頭皮や
髪の毛に必要な水分・脂分は保持することができるアミノ酸系の界面活性剤を
使用しているシャンプーを選択すれば、間違いないと思います。



[医薬部外品] アンファー (ANGFA) スカルプD シャンプー ドライ 乾燥肌用 [アミノ酸] [ノンシリコン]

薄毛 食べ物 消化

薄毛を予防するためには必要とされる栄養分をしっかりと摂取して髪の毛に
栄養分が行き渡ることが大事なことの一つです。

そのためには日常の食事をバランスよく、必要な栄養分を意識して摂ることが
重要になってきますが、ただ食事を摂ればよいというものではなく食事のとり方や
食事の時間なども関わってきますので、このあたりについて紹介したいと思います。

薄毛と食べ物の関係には食べ物の消化が深くかかわってきます。

まず一つ目、食事はしっかりとよく噛んで食べること。

子供のころ、よく両親や祖父母に言われた人も多いのではないかと思いますが、
しっかり噛んで食事をすることで食べ物の消化効率が格段に向上します。

よく消化ができるようになる、すなわち栄養分の体への吸収が良くなりますので
必要となる栄養分をしっかりと髪の毛に送ることができるようになります。

更に、消化が良くなると消化のために必要となる血液の量が少なくて済み、
その分頭皮の血流も悪くなりにくくなりますので栄養分を髪の毛に送る効率が
低下することを緩和できます。

次に二つ目、就寝前の食事は控えること。

髪の毛は寝ているときに、再生や成長を行っていますのでこの時に栄養分が
必要となります。

就寝前に食事を摂ってすぐに眠ってしまうと、寝ている間に消化が必要となりますので、
消化器へ血液が集中してしまい頭皮への血流が悪くなります。

すなわち、せっかく髪の毛の成長が行われているときに肝心の栄養分が送られてこない
状態になり、髪の毛が成長できずに逆に抜けてしまったりしてしまいます。

このように薄毛と食べ物の消化には密接な関係がありますので、思い当たる点が
ある場合はすみやかに改善して薄毛、抜け毛予防に繋げましょう。

薄毛 原因 乾燥

薄毛になる原因はいろいろとありますが、そのうちの一つとして頭皮のトラブルに
よるものが挙げられます。

一般的によく知られているのが、頭皮に分泌される皮脂が髪の毛の毛穴をふさぐことで
抜け毛が増えて薄毛になるというものですが実は、薄毛になる可能性がある頭皮トラブルは
これだけではないのです。

頭皮の皮脂が多い状態と同じく薄毛の原因となり得るトラブル、
それは頭皮の乾燥です。

頭皮は一番表面の部分にある角質層で外部から刺激や雑菌等の侵入を防いでいます。

これを角質層のバリア機能と言いますが、この機能は他に髪の毛が発育するのに
必要となる適度な油分、水分を保つ役割を果たしています。

頭皮が乾燥すると、この角質層が壊れてしまうため必要となる油分や水分が
保持できなくなり蒸発してしまうため、髪の毛の発育が阻害されてしまうと
いうわけです。

更に油分や水分が蒸発する際に、頭皮の温度低下が発生するため血管が収縮して
しまい血行を悪くして髪の毛に必要な栄養素の搬送を妨げてしまうことになります。

このようなトラブルを防いでくれる角質層を健康な状態にしておくためには、
ある程度、皮脂で潤っていることが必要となります。

以下に、頭皮を乾燥させないための対策を紹介します。

・シャンプーは1日一回で十分

皮脂の毛穴への詰まりを意識して1日一回以上シャンプーをされている方は
すぐにでも回数を減らしましょう。

シャンプーの洗浄成分は頭皮の皮脂をよく落としてしまいます。
これにより角質層が荒れると薄毛、抜け毛に繋がってしまいます。

・洗浄性能の高いシャンプーの使用は控える

シャンプーに使用されている洗浄成分に合成界面活性剤が使用されているシャンプーは
洗浄成分が強力なため、必要以上に頭皮の皮脂を落としてしまう原因になりこの結果、
頭皮は乾燥状態となってしまいます。

植物由来のシャンプーやアミノ酸シャンプーを使用することで頭皮の皮脂を極端に
落としてしまうことは防ぐことができます。

・ドライヤーで髪を乾かすときは、頭皮からなるべく距離を空けて行う

高温のドライヤー風を頭皮に当てると、水分、油分の蒸発は避けられません。

その結果頭皮が乾燥してしまうことになってしまいますのでドライヤーは頭皮から
ある程度離して使用しましょう。

頭皮の乾燥を防ぐことは、薄毛、抜け毛を予防、改善にすることに繋がりますので
気になる方は早速実行してみましょう。

薄毛 隠し ファンデーション

薄毛が気になり始めたら、早く何とかしたいと思う方がほとんどだと思いますが、
薄毛を改善するには結構な時間が掛ります。

じゃあ薄毛が改善するまでの間は出かけるにも常に周りの目を気にしなくければ
ならないのかと考えると外出する気も萎えてしまいそうです。

しかし、心配は要りません。

薄毛が改善するまでの間、外出するときは薄毛を隠してしまえば周りの目を
気にすることはなくなります。

顔のシミやしわを隠すのにファンデーションを使うのと同様に、薄毛隠しための
ファンデーションが販売されています。

薄毛が気になる場所にサッと塗ればそれだけでボリュームアップが実現でき、
汗や水分では簡単に落ちないような対策が各社それぞれ施されています。

また、シャンプーで洗髪すれば簡単に落とすことができるので特別なケアを
必要としません。

手軽に薄毛を目立たなくすることで、外出を心置きなく楽しみましょう。